ベンチャー企業経営者になりたい!

◎ベンチャー企業のメリット・デメリット ◎


ベンチャー企業と言うのは、新しいビジネスモデルを武器に
何かしらの業界に新規参入する企業の総称です。

事業規模が小さい状態からスタートするため、
小回りが利き意思決定が早いというのが特徴です。

また後進であるため、これまでの経験や情勢を基に
最も無駄が無いビジネスモデルを構築することが出来るため、
軌道に乗りさえすれば急成長をすることが可能である
というのが大きなメリットです。

会議

このサイト
のように、株式会社として上場すれば、
業績次第では大きな投資資金を得ることができ、
一気に成長することも出来ますが、
この様なメリットの裏側には事業基盤が脆弱であるがゆえに
一度失敗してしまうと中々その失敗を取り戻すのが難しいという
デメリットも存在しています。

ベンチャー企業のメリットはその高い成長率であり、
そこを見込んで、
多くの投資家がベンチャー企業に投資をしてくれるのですが、
その期待にこたえられないと判断されると
ものすごい勢いで資金を回収されてしまうという
大きなデメリットも抱えています。

そのためベンチャー企業の多くは
英英的には不安定になりやすいというデメリットを抱えています。


しかし立ちまわり方次第では大企業には無い、
大きな可能性を秘めているのがベンチャー企業の特徴なのです。

そのような部分に魅力を感じて
ベンチャー企業を立ち上げる社長は少なくありません。

時代に合ったビジネスモデルを立ち上げることが出来れば
ほんの数年で一流企業になることも夢ではないのです。


MENU